ビジネスでも趣味でも、用途に合わせたメガネを選ぼう。
HOME 眼科に行かなくても購入できるメガネ

眼科に行かなくても購入できるメガネ

常に眼科に行って診察をしてもらわないとメガネが購入できないという事はありません。

メガネの専門店に行くとスタッフの人が、視力検査などを行ってくれますので、自分に適したメガネを作る事ができます。しかし、目に何らかの異常があったり、おかしいと異変を感じる様な事があった場合には、念のために眼科を受診する事をおすすめします。

特に問題はないというのであれば、メガネの専門店に出向くと作ってもらう事ができます。

メガネの専門店は、最初に視力検査を行うなど、一人一人の目の状態を調べます。そして、作ってもらって、完成した物を受け取りにいくという流れになります。ですので、2度お店に出向く事もあると思います。

メガネは、近視や遠視、又は乱視などの視力を矯正する為に利用

メガネは、近視や遠視、又は乱視などの視力を矯正する為に利用されています。人間の視力は左右対称ではない事が多く、左右のメガネの度が違う事もあります。

メガネの度数が合わなければ見えづらいだけでなく、眼精疲労や肩こり頭痛の原因になりますので、度数をしっかり自分に合わせる必要となります。

また、視力は日々変化するため、3ヶ月に1度は眼科に行って検診を受けることが望ましいです。

もしお気に入りのメガネが壊れてしまったら落ち込みますね。そんな時は、新しいメガネを購入するのも良いですが、壊れた眼鏡を修理に出しましょう。

ほとんどのメガネは眼鏡レンズ、テンプル、ブリッジ、鼻パッド、リムなどの各パーツをつなげて出来ています。

このパーツを取り替えて修復することもできるので、メガネ店に相談しましょう。メガネ店によってできない場合もありますので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

メガネには、近眼、遠視、乱視、遠近両用

メガネには、近眼、遠視、乱視、遠近両用などがあります。メガネレンズのCMなどよく見かけます。

特に、遠近両用メガネのレンズは多いように思います。
それだけ、利用する方が多いのでしょう。

お風呂に入る時にメガネをかけていると、曇ります。

しかし、お風呂は段差があったり、また床に石鹸が落ちていたりする事も考えられます。転んで頭を打ったりする様な事があれば非常に危険です。視力がよくない人の中にはかなり困っている人も多いのではないかと思います。

そこで、従来のメガネとは異なり、お風呂に入っても曇らないメガネというのも売られています。浴室で曇らないメガネがあれば、安心して入浴する事ができそうですね。

メガネをかけていると、足元がよく見えますね。自宅のお風呂であれば、どこに何があるか把握できている事も多いですが、温泉旅館に行く際などにはぜひ浴室に対応したメガネを持っていきたいですね。

自分の視力に変化がないかどうか視力検査でチェック

いいメガネを買ったとしても、安心してずっと使い続けるのではなくて、自分の視力に変化がないかどうか視力検査でチェックしたいですね。病院に行くのが面倒に思うのであれば、メガネを購入したお店に行くと視力検査を行ってくれる事もあります。

知らない間に視力が落ちていたという事にも気付く事ができ、すぐに対応できますね。また、お店に行く機会があれば、ついでにクリーニングやゆがみを直してもらったりと、メンテナンスも同時に行う事ができます。こだわっていいフレームを買う人も多いかと思いますが、しっかりとメンテナンスしてあげる事で長く使用する事ができるでしょう。なるべく長く使いたいですね。

目的によって選ぶメガネ

メガネに使用されるレンズは目的により違います。近視用は凹レンズ、遠視用は凸レンズ、そして遠視用はトロイダルレンズが使用されています。

また、乱視のみで近視や遠視がない人は円柱レンズという物が使用されています。最近では、遠い物と近い物との両方を見る事ができる両用レンズという物もあります。もしお気に入りのメガネが壊れてしまったら落ち込みますね。

そんな時は、メガネを修理に出しましょう。メガネはテンプル、リム、ブリッジ、鼻パッドなどの各パーツをつなげて出来ています。このパーツを取り替えて修復することもできるので、メガネ屋さんに相談しましょう。

また、メガネ店によってできない場合もありますので、事前に問い合わせて行くと良いでしょう。

遠近両用メガネに関する記事

ページトップ