ビジネスでも趣味でも、用途に合わせたメガネを選ぼう。
HOME チェックリスト

マイクロスコープの必要性

最近ではスマフォなどにも必ずと言っていいほど搭載されているカメラの機能ですが、近い場所にある物を撮影できる機能が付いている事もあるでしょう。

その機能を使えば、小さい物を大きく拡大して写真を撮影する事もできます。

しかし、その機能とマイクロスコープというのは全く異なる物です。画像を更に拡大して見た時に、歴然としている事が多い様です。

カメラで撮影した物は、やはりもっと細かく拡大した時には、画像がかなり荒くなってしまい、マイクロスコープの様にはっきりと確認する事はできない様ですね。

非常に細かい物を見るためだけに開発された物ですので、目視では見えない様な物を見るには、抜群に優れていると言えるでしょう。

マイクロスコープは歯科治療で注目を浴びています

近年では、歯科用マイクロスコープ導入の治療法が注目されています。肉眼では確認することが難しい部分を、見ることができるようになったことが特徴として挙げられます。マイクロスコープは、繊細かつ精密な治療が大切な歯科医療を、より高度で確実なものにしてくれています。

導入している歯科医院がとても多く、技術も向上しているので、根管治療などにとても役立っていて、しっかりとした治療をすることが出来るようになっています。他にもいろいろな治療に使用されていて、今まで見えなくて綺麗に治療することが出来なかったような場所でも、綺麗に虫歯を処置することが出来るようになっています。

マイクロスコープって?

マイクロスコープ簡単にいってしまえば顕微鏡のようなものです。しかし顕微鏡との違いは何かあるのでしょうか?設備や、能力自体はそこまで大きな差はないのですが、大きく違っている所はその倍率です。

顕微鏡は2から30倍程度の低倍率のものを見るのに適しているのですが、マイクロスコープは数十倍から数百倍の高倍率で見ることができます。見たいものの大きさによって、使い分けるのが大切です。またそのままのぞけば自分の目で見られる顕微鏡異なり、パソコンなどのモニターにつなげないと、のぞいたものを見ることができない所も大きな違いです。

マイクロスコープってどこで使われているの?

マイクロスコープを日常において、一般の人が使用する機会はほとんどありません。ではどのような所で使用されているのでしょうか?主に病院で使用されています。例えば歯医者さんなどで口の中の細かい所をチェックするのに使用されたり、耳鼻科などで医師が肉眼では見えない部分まで入り込むことができるので、細い器具などの先につけてモニターで見たりなど大活躍です。

やはり人間の体をいうのはとてつもない小さな物体から成り立っているため、肉眼、顕微鏡で見ることが難しい場所も沢山あります。そういった際にマイクロスコープを使うことで本来見えない所を見ることができます。

撮影記録、モニター次第で自由自在のマイクロスコープ

ステージの上にのせる必要がある顕微鏡では、対象物の大きさや形状に限界があります。また確認作業が多ければ、目の疲労感も相当なものがあるはずです。この点が改善されているのが マイクロスコープ です。

そもそもステージがない マイクロスコープは、モニターさえあればどこでも利用できます。さらにモニターが搭載されているものなら、単体で利用することが可能です。また今ではコードレスタイプもあるため、電源のない屋外でもスマホの画面を利用すれば、記録も可能になります。目の負担も少なく、より実用性をともなった撮影機器といえるでしょう。

マイクロスコープは画期的で大活躍

医療の世界では、最新の大型設備は高価なので、大規模な病院ほどそのような設備を所有していることが多いです。マイクロスコープが設置されているのも、大病院が中心です。マイクロスコープがあれば、拡大した画像をスクリーンに映し、複数の人間で観察できます。研究にも便利です。

拡大する倍率も高くできるので、モニターに映して鮮明に見ることができます。モニターがあるというのが、顕微鏡との大きな違いです。撮影する角度を変えると、見え方も変わるので、病気の発見をしたり詳細に観察することができ便利です。眼科でよく登場しています。

マイクロスコープ、眼科以外でも登場

マイクロスコープがよく見られるのは、眼科です。定期的に眼科を訪れることがないかもしれませんが、実は活躍しています。肉眼でははっきりと見えない部分や組織も、大きく拡大してモニタに映してみると、鮮明に見えます。

大勢で観察したり、治療法の検討をするのにも便利です。今後は、他の診療科でも活躍しそうです。医療の世界では、様々な用語や言葉を知っておくと得することがあります。自分が治療する場合、家族が通院する場合でも、情報を検索し知ろうとすることで、より良い治療法が見いだせることもあります。賢い患者であることが大切です。

マイクロスコープに関する記事

ページトップ