ビジネスでも趣味でも、用途に合わせたメガネを選ぼう。
HOME マイクロスコープの発明

マイクロスコープの発明

マイクロスコープの中には電子式のものがある。電子式は光ではなく電子光を当てて拡大する構造になっている。電子式は光学式に比べ新しい技術である。

電子光は光学式に使用されている可視光線よりも更に波長が短いため、更に小さな物まで拡大する事ができる。研究や実験にも使われることがあるようです。

マイクロスコープは16世紀末のオランダで発明された。メガネを作っていたヤンセン親子が凸レンズを2つ組み合わせる事によって発明したと言われている。

望遠鏡を逆さまから覗いて偶然発見したと言われているが、望遠鏡が発明されたのはそれより後であるとも言われている。日常の何気ない出来事にも何か発見があるかもしれません。

実体顕微鏡を遥かに超えたマイクロスコープの性能

マイクロスコープはデジタル制御の光学顕微鏡です。用途は昔ながらの実体顕微鏡同様、微小な物体を拡大して見ることです。実体顕微鏡と異なる点として、パソコンなどのIT機器に接続してモニター越しに観察ができます。

また実体顕微鏡の拡大率が20倍から30倍なのに対し、数十倍から数百倍という高い拡大率を誇っています。医療分野で利用されることが多く、特に歯科医療の根管治療で活躍しています。

根管治療は肉眼で行うには限界があり、従来は医師の経験のみに頼った治療が行われていました。マイクロスコープの高い拡大率と、映像の明るさを調整するデジタル技術により、根管治療の成功率は格段に上昇しています。

マイクロスコープに見られる特徴点

マイクロスコープにはデジタルタイプのものが多く存在しており、モニターに映し出すことによって複数人での観察使用が可能になるなど、様々な特徴点が挙げられます。USB接続が可能となっているものや、小さな形状のもの、さらにカメラがハンディタイプとなっているものなど、利用のしやすさが特に目立つものも存在しています。

カメラを手持ちで操作できる機器については、観察物となる対象の物についても大きさや形状を問わないため、より細やかな研究や実験、診断などに取り入れられるだけでなく、新たな技術の開発にも広く取り入れられています。

広がるマイクロスコープの存在

医療や科学などの分野において、幅広く取り入れられているマイクロスコープの存在は、研究や開発、実験などの際に大いに役立てられています。複数人での情報共有や観察作業が可能な使用方法となっており、モニター画面に映し出す観察での利用が一般的でもあります。

またカメラを手にもって操作することが可能であり、観察対象となる物の大きさや形状を問わず。あらゆる物に対応させることができるため、ステージに乗せる事ができなければ観察できない顕微鏡などのデメリットがフォローされます。操作方法も簡単な機器が多く、ますます幅広く導入されることでしょう。

マイクロスコープの導入が進む医療業界

マイクロスコープは光学顕微鏡とも呼ばれ、物体の拡大映像をモニターに表示する事が可能です。実体顕微鏡よりも高い拡大率を持ち、デジタル制御によって映像の明度を調整する事も可能です。これらの優れた特徴は、主に医療の現場で活用されています。

脳外科や心臓外科の分野では、専用のマイクロスコープを覗きながら手術を行う方法が確立されています。歯科の分野では幅広く活用されており、歯の神経部分を対象とした根管治療や、歯の表面を精密に調査しながら行う歯周病治療、歯の削りすぎを防ぐ虫歯治療などが行われています。しかし機能相応の高級品であるため、歯科業界への普及率は全体の5%程度に止まっています。

マイクロスコープに関する記事

ページトップ