ビジネスでも趣味でも、用途に合わせたメガネを選ぼう。
HOME マイクロスコープの発明

マイクロスコープの発明

マイクロスコープの中には電子式のものがある。電子式は光ではなく電子光を当てて拡大する構造になっている。電子式は光学式に比べ新しい技術である。

電子光は光学式に使用されている可視光線よりも更に波長が短いため、更に小さな物まで拡大する事ができる。研究や実験にも使われることがあるようです。

マイクロスコープは16世紀末のオランダで発明された。メガネを作っていたヤンセン親子が凸レンズを2つ組み合わせる事によって発明したと言われている。

望遠鏡を逆さまから覗いて偶然発見したと言われているが、望遠鏡が発明されたのはそれより後であるとも言われている。日常の何気ない出来事にも何か発見があるかもしれません。

ページトップ