ビジネスでも趣味でも、用途に合わせたメガネを選ぼう。
HOME 室内で大活躍するメガネ

室内で大活躍するメガネ

屋外のみならず、家の中でメガネをかけているという人も多いのではないでしょうか。

室内においても、比較的近い場所の物を見たり、細かい作業をしたりする際にメガネをかける人が多いかと思います。また、近年では特に目が悪いという分けではなくても、目を守るという目的のためにパソコン用のメガネをかけている人もいます。

室内で利用するメガネはおしゃれなどのファッション性より、実用性を重視して選ぶ人も多い様ですね。

目を細めながら見るのではなく、メガネをかけていろんな物をはっきりと見たいですね。見えやすくなるというだけではなく、時として疲れや肩こりなどを感じにくくなる事もあるかもしれませんね。

メガネ屋

幹線道路の脇、駅の近くには絶対にといっていいほどメガネ屋があります。

幹線道路にあるメガネ屋の多くは、チェーン店、フランチャイズかどうかはわかりませんが・・・みんなが食べていけるということはそれだけのマーケットがあるということで、人口が減らない限り大幅に変わることがありません。

メガネは生活になくてはならないものですし、数年経つとレンズに傷などがついたりして、買い替えることも多いと思います。

また、お洒落なメガネフレームが増えて、洋服に合わせてメガネを変える人も増えるようになりました。

レーシックの手術を受ける人もいます

視力を回復させるためには、コンタクトを使用したり、またはレーシックの手術を受ける人もいます。しかし、取り分けてリスクが少ないのはメガネではないでしょうか。

コンタクトは常に清潔な状態にして利用しないと、眼病の原因になってしまう事もありますし、またずっと装着したままにすると酸欠になってしまうそうです。

また、レーシックの手術は合併症を引き起こす可能性があるなどというリスクが潜んでいる事もあります。

メガネは偏頭痛を抱えている人にとっては頭痛を引き起こしてしまう事もある様で、全くリスクはないとはいえないかもしれませんが、比較的リスクは低い様ですね。手入れが不要なのもいいですね。

40歳で老眼鏡をかけるのは少し抵抗

売れているメガネでも老眼鏡と聞くと、高齢者がかけるイメージがあると思うます。

老視とは加齢とともに調節力がゆるみ、ピントが合わせづらくなる現象です。

人にもよりますが、老眼は一般的に40歳頃から進行します。40歳で老眼鏡をかけるのは少し抵抗があると思います。

最近は老眼鏡もデザイン性が高く、明るい色のフレームなど老視用には見えないメガネも販売されていますので、日常的に使うメガネはそういったのを選ぶと良いでしょう。

流行りのメガネを買うのもいい

あなたは自分に似合うメガネを選んでいますか?

最近では、大きなフレームのメガネが流行しているようです。流行りのメガネを買うのもいいですが、自分に度数合ったメガネを選ばないと、肩こりや頭痛、眼精疲労の原因になります。

デザインも重視したいですが、機能面も考慮して選びたいですね。メガネを選ぶ際は、色々かけてみて、顔の輪郭を考慮して選ぶと良いそうです。

もしお気に入りのメガネが壊れてしまったら落ち込みますね。そんな時は、メガネを修理に出しましょう。

メガネはテンプル、フレーム、鼻パッドなどの各パーツをつなげて出来ています。パーツを取り替えて修復することもできるので、メガネ屋さんに相談しましょう。

また、メガネ店によってできない場合もありますので、事前に問い合わせて行くと良いでしょう。

遠近両用メガネに関する記事

ページトップ